タグ別アーカイブ: 体重

競馬界の最重要名馬〜ハイセイコー〜

競馬界の最重要名馬〜ハイセイコーとは〜

ハイセイコーは日本の競馬史上においても高い人気を得た競走馬です。1970年に誕生したハイセイコーは、運動能力の高さや体の大きさを認められ、大井競馬場の調教師の調教を受けるようになりました。父馬はチャイナロック、母馬はハイユウとなっています。初代の馬主は(株)王優で、2代目の馬主としてホーズマンクラブがハイセイコーを引き継いでいます。

競馬界の最重要名馬〜ハイセイコーの活躍〜

レースデビューは1972年、この時のレースは未出場馬を対象としたものでしたが圧倒の1着を飾り、次いで多くのレースを1着で制しました。地方競馬で活躍していたハイセイコーは1973年に馬主の変更によって中央競馬に移籍し、さらに華やかなレースで活躍することになります。中山競馬場で行われた弥生賞には、ハイセイコーを目当てにたくさんの観客が集まり、予想通りの1着を獲得します。続くスプリングステークスを制した後は皐月賞、NHK杯などに出走し、カネイコマと競って勝利をおさめました。東京優駿、京都新聞杯、菊花賞と次々に大型レースに出走するものの、菊花賞では僅差で2着となっています。

華々しい経歴を飾り、当時の競馬ファンの心を掴んだハイセイコーですが、1974年、5歳時の有馬記念が最後のレースとなりました。引退時の有馬記念まで人気は衰えず、ファン投票でも1位を獲得して引退セレモニーを行いました。1984年には時代を彩った名馬として顕彰馬の指定を受けました。
通算成績は22戦13勝で、地方競馬時代と中央競馬時代、ともに見事な戦歴を残しています。競走成績だけではなく、ハイセイコーを歌った楽曲がヒットチャートに昇るなど、ファンのみならず一般からの知名度も高く、長年愛された続けた名馬となっています。

競馬界の最重要名馬〜グランドマーチス〜

競馬界の最重要名馬〜グランドマーチスとは〜

競馬界の名馬といえば三冠レースであったり、ジャパンカップや天皇賞といった格の高いレースを買った馬ばかりが取り上げられますが、障害にも競馬の歴史に名を残す名馬というのがいます。

その一頭がグランドマーチスであり、平地の競走成績は24戦4勝と目立った成績を残すことはできませんでしたが、障害に関しては通算成績39戦19勝という優れた経歴を残しています。

1970年11月に伊藤修司調教師の厩舎に入厩をすると当初から馬主や関係者から非常に大きな期待をかけられていましたが、なかなかその期待に応えることはできませんでした。

期待は大きかったもののムラのある走りでなかなか成果を残すことができず、ようやく勝利を上げたのが7戦目でした。
そこから次のレースも勝利をして本格化かという期待をかけられたのですが、その後もぱっとしない成績が続き万葉ステークスを最後に平地競走の戦歴に終止符を打ち障害へと転向することになったのです。

競馬界の最重要名馬〜グランドマーチスの活躍〜

障害の転向のきっかけが障害免許しかもたない寺井千万基騎手のために、血統的に中山大障害を優勝したハクレイを持つグランドマーチスに白羽の矢がたったのです。

そこからグランドマーチスは快進撃を見せることになり、1974年から1975年にかけてはなんと9連勝を達成することになったのです。

そして、グランドマーチスの最も特筆すべき点が障害競走の経歴が豊富にも関わらず一度も落馬をしたことがない安定感を持ち、予想の付かない障害競走において堅実な走りを見せたという点にあります。
障害競走で非常に優秀な成績を残したことから、顕彰馬として選出をされグランドマーチスはたしかに日本の競馬史上に名前を残すことになったのです。

競馬界の最重要名馬〜タケシバオー〜

競馬界の最重要名馬〜タケシバオーとは〜

日本の競馬は芝の中距離が頂点であり、それ以外の条件に関しては芝の中距離で頂点を取ることができなかった馬の二軍のような扱いでした。

最近でこそオールラウンダーも登場をしてきて、芝ダート距離を問わない活躍をする馬も珍しくなくなっていますが、その先駆けとなった馬がタケシバオーでした。

タケシバオーは通算成績29戦16勝2着10回という非常に優秀な競走成績を残していて、特筆すべき点が条件を問わずに好走をしていたという点にあります。

元々タケシバオーはそれほど期待されていたわけではなく、馬主の小畑正雄も生産牧場の縁者ということで仕方なく引き取ったものでした。
後の管理調教師となる三井末太郎の評価も低く、後の名馬と違って引き取り手にも困るほどだったのです。

競馬界の最重要名馬〜タケシバオーの活躍〜

ところがいざデビューをしてみると初戦はいきなりのオープン戦でしたが、2着と好発進2戦目も同じく2着で3戦目には逃げ切り勝ちをおさめ輝かしい経歴のスタートとなりました。

その後も順調にレースを使い続け、暮れの朝日杯では3番人気ながら優勝をしてデビュー前の評価を完全に覆すものとなりました。

クラシック戦線でも期待をされましたが、皐月賞東京優駿と惜しくも2着となり三冠最後のレースである菊花賞には出走せずあえて海外遠征をすることになりました。

後の戦歴を考えると菊花賞にでていれば優勝もありえましたが、馬主はあえてそれを選択せずに遠征を選んだのです。
遠征ではいい結果がでませんでしたがその経験はタケシバオーに確かな実力を身に着けさせ、そこからは誰も予想ができなかった芝ダート距離不問のオールラウンダーの走りを見せることになり東京のダートの1700mで残した1分41秒9というタイムは不滅のレコードタイムとなりました。

競馬界の最重要名馬〜スピードシンボリ〜

競馬界の最重要名馬〜スピードシンボリとは〜

スピードシンボリは時代を気付いた名馬の一頭であり、長い競走経歴をもち晩年まで活躍をしました。
通算成績は43戦17勝と歴代の名馬からすると敗戦も多い競走成績ではありますが、この戦歴の多さこそがスピードシンボリの魅力のひとつでもあります。

馬主はシンボリ牧場の代表であり和田共弘であり和田共弘にとってスピードシンボリはシンボリルドルフが登場する前の、代表となり一頭でした。

スピードシンボリは馬主である和田共弘は高く評価をしていたものの、買い手側はそこまで高く評価をしなかったので金額に折り合いがつかずに売れ残ってしまいました。

そのため、生産者である和田自身が馬主となって走らせることになったのですが、和田の見る目に狂いはなく華々しい経歴を築いていくことになりました。

競馬界の最重要名馬〜スピードシンボリの活躍〜

クラシック戦線では力を発揮しきれず初戦の皐月賞では21着に敗れる惨敗を喫し、東京優駿でも8着とまだその実力を発揮することはできませんでした。

菊花賞では惜しくもハナ差敗れることになりましたが、この頃からスピードシンボリは頭角を現すようになってきました。
翌年からは初戦から4連勝を飾り海外に遠征をするも5着と敗れそこからまたしばらく、低迷をすることになりました。
しかし、大崩れをすることはなく調教師が変わるなどの環境の変化もありましたが、海外遠征をのぞけば掲示板を外すことはほとんどなく、ラストランとなる有馬記念は誰もが予想しなかった8歳馬の勝利ということで多くの競馬ファンを驚かせたのです。

引退後は目立った成績を残すことはできませんでしたが、牝駒のスイートルナが後の競馬史上に残るシンボリルドルフを生み母の父として競馬史上に名を残すことになったのです。

競馬予想と馬の関係

競馬予想において重要となる要素は一番に馬である。その馬の情報を多く抱えている関係者の言葉は非常に重要である。その関係者の情報を得ることができるのは競馬新聞や競馬予想サイトなのだが、競馬新聞などに載っている情報は誰でも知り得る情報が多く重要なものではない。競馬予想サイトの情報こそ関係者と密接につながっている情報である。現在は口コミなどによって競馬予想サイトを精査することが普通になっているが、本物の口コミ競馬予想サイトを見つけることも大事になってくる。