タグ別アーカイブ: メジロラモーヌ

競馬界の最重要名馬〜メジロラモーヌ〜

競馬界の最重要名馬〜メジロラモーヌとは〜

メジロラモーヌは、日本競馬史上初となる牝馬三冠を達成した競走馬です。

同馬は、馬主でもある日本の有数のオーナーブリーダーの経歴を持つメジロ牧場で誕生します。しかし、両後脚に不安があるなどして周囲の評価は決して高くありませんでした。その後、メジロ牧場で育成され3歳(旧年齢表記、以下同じ)になる頃には脚部の不安が解消され、秋の東京競馬場でデビューします。

競馬界の最重要名馬〜メジロラモーヌの活躍〜

そのデビュー戦を20馬身、3秒以上の大差をつけて圧勝しますが、その後の成績は人気となるものの勝ったり負けたりを繰り返します。4歳となり桜花賞トライアルの4歳牝馬特別で重賞2勝目を飾ると、桜花賞ではクイーンカップに続き単枠指定を受け、その期待に応え快勝します。

陣営はオークスに向かうにあたり、敗れた2戦がオークスが行われる東京競馬場であったことからオークストライアルの4歳牝馬特別に出走を決断します。そのレースを快勝したことで不安は杞憂に終わり、本番のオークスでは他馬を圧倒し牝馬2冠を達成しました。

夏の休養、調整中にアクシデントがあったものの、3冠の最終戦であるエリザベス女王杯のトライアルレース、ローズSに出走し優勝し、牝馬3冠をかけて本番に挑みます。調教師の奥平真治は万全の状態ではないと思ったが、河内騎手の3コーナー下りからスパートを掛ける奇策により、辛勝ながらも牝馬3冠を達成しました。全てのトライアルレースも優勝するパーフェクトな戦歴は、現在においても唯一の記録です。

そしてラストランとなる有馬記念では直線の不利もあり9着と破れ、通算成績12戦9勝で引退しました。引退後の繁殖生活では、予想外に競走成績同様の結果は得られませんでしたが、ラモーヌの戦歴は高く評価され顕彰馬に選出されており、歴史に残る名馬の一頭に数えられています。